老後の田舎暮らしを考える

田舎暮らしのメリットやデメリットとは?

老後の過ごし方として提案されることが多いものとして
「田舎暮らし」があります。

 

実際に考えている人がいましたら、メリットやデメリットを確かめることが大切です。

 

 

メリットは慌ただしさからの解放です。

畑仕事や釣りなど、田舎暮らしならではの趣味に打ち込んだりすることも出来ます。

 

時間がゆっくりと流れている、それを実感することも出来ます。

 

スピードのある生活に戸惑っている人には、車が少ないなど
田舎暮らしはメリットがあるかもしれないですね。

 

気持ちの変化は行動にも表れます。
それまでは、自分では気が付かない顔の表情が変化することが多いですね。

 

眉毛がへの字になってたり、怒っているように見られていたような人も
田舎で少しの間生活をするだけで
穏やかな表情になったという話はよく聞きます。

 

デメリットは田舎暮らしという新生活に入り込めるかどうかです。

 

特に都会に住んでいる人にとって、コンビニエンスストアや
充実した交通機関などが田舎にはありません。

 

場所によってはテレビのチャンネル数が少なかったりしますので、
そういった変化に対応出来るかどうかが重要になってきます。

 

また、田舎は人間関係が都会に比べると密接しています。

 

団塊世代だと団地で多くの人と同じ建物で生活しているから大丈夫、
と思っているかもしれないですが、本当に大丈夫でしょうか。

 

地域内のイベントに積極的に参加しないといけない、近所づきあいをこまめになど、
都会とは違った人との接し方を経験することになります。

 

もしかしたら、そういった別世界を知ること自体も
先の人生を長くする上でいいのかもしれませんね。

 

 

旅行プランの構築を助けてくれるアプリ

田舎暮らしを始める前に、お試しでその土地に行くことにもなるでしょう。

 

そんな時に便利なアプリが有ります。

現在の情報化社会ではパソコンだけではなくスマホからでも旅行予約ができます。

 

また、アプリの中には旅行プランの構築を助けてくれるアプリもあり、スマホアプリのニーズは高まっています。

 

旅比較ねっと」はそんな旅行予約を助けてくれるスマホのアプリです。

 

旅比較ねっとは、じゃらん・楽天トラベル・JTB・るるぶトラベルなど全12の旅行予約サイトと提携しています。

 

そのため、旅行予約に当たって旅館の値段や交通費など宿泊プランの比較が一度にできます。

 

またヒートマップ機能搭載の検索機能は立地条件や価格を検索し、お好みの条件のホテルを紹介します。

 

特定の旅行予約サイトのコースプランを選択することもできるため、
ポイント狙いで特定の会社の旅行予約をすることもでき、まさに痒いところに手が届くアプリと言えます。

 

 

またスマホのアプリであるため、場所を選ばず利用でき、口コミ情報や画像も満載なため、
空き時間に旅行プランを練るのにも一役買います。

 

スマホアプリの最大の長所としてGPS機能を利用した
ルート検索もできるため、万が一迷ったときでもスマホさえあれば安心です。

 

一つで多彩な役をもつ旅比較ねっとで安心快適な旅行プランを立ててみてはいかがでしょう?

 

田舎では必須のシニア世代と車との付き合い

田舎暮らしには無くてはならない車を60歳を過ぎても
運転し続けている、という過ごし方をする人も少なくありません。

 

団塊世代では免許を取得してマイカーを持つというのが、
人生のステータスだった面もあったようです。

 

ドライブ自体が趣味という人や、休日は色々出かけるのが好きという人もいたりと、
自動車との付き合いは様々です。

 

田舎のような土地では、鉄道が発達していない地域もあるので、
自動車は生活に欠かせないという面もあり、
高齢になっても運転を続けないといけないという事情もあります。

 

しかし、高齢者の交通事故、歩いている際に巻き込まれるだけでなく、
運転による事故が増えているとよく指摘されています。

 

高齢者のドライバーを迷惑がる人もいますが、老後の生きがいとして
ドライブを趣味としている人や生活でどうしても運転しないといけない人もいます。

 

「高齢者マーク」を車につけることが義務付けられていますが、
恥ずかしいという理由でつけない人もいるようです。

 

高齢者マークを付ける義務は法律で定められているうえ、
歳をとっても自動車を運転し続けたい人にとってのマナーである事を心得る必要があります。

 

その他にも判断力が低下していないかを確かめたりして、
運転は迷惑なものというレッテルを自らの頑張りで払拭させましょう。

 


フェイスブックでイイネ!